お初!出張ミキサー!

「‘み’んなで‘気’軽に‘サ’ッカ‘ー’しようぜ」の頭文字を取って「ミキサー」。「混ざり合う」という想いも込めてこう呼んでいます。

そんなミキサーも初開催から1年が経ち、イベントにお呼ばれして開催することとなりました。

障害有無を問わずに子どもが楽しめる場を提供することをミッションとしているNPO法人BLACKSOXが開催している横浜チャレンジスポーツ!にて子供達とフットサルを楽しむ場を作ることとなり、この日に向けてたくさんの準備をしてきました。

初めての試みに色々と苦心しましたが、当日たくさんの笑顔に出会うことができてとてもとても嬉しかったです!

当日は障害者サッカーの選手たちに集ってもらい子供達と一緒にプレイ!⚽️

アンプティサッカーからFCアウボラーダ新井誠治選手

脳性麻痺者サッカーから横浜BAYFC河野和輝選手

デフサッカーから日比秀則選手

デフサッカー元女子日本代表吉原和香奈選手

ソーシャルフットボールからFCPORT鈴木淳子選手

電動車椅子サッカーから永岡真理選手、中山環選手、近藤鉄平選手、石井俊也選手、西川明男選手

にご参加して頂きました!

 

子どもたちからの質問にそれぞれの選手が真剣に回答していてファシリの立ち回りをさせてもらった自分が一番勉強になったかも。

鈴木太郎横浜市議会議員による横浜チャレンジスポーツ!宣言では健常者と障害者のスポーツへのアクセス格差についてのお話が印象に残りました。

NPO法人トラッソスのエアスタジアムとのコラボレーションも実現!トラッソスさんは知的障害、発達障害の方のサッカーチームを運営している法人で、エアスタジアムというバルーン状のフットサルコートを設営することで、子供心をくすぐりまくってます。モトコーチ、臨機応変な対応流石です。

º

ミキサーはというと、、、怪我なく楽しんでもらえて本当によかった…今回の経験と反省を糧にこれからも皆さんに楽しんでもらえるようフットサル企画していけたらと思っています。

ゆりなちゃんもサッカーをプレイ。

横浜クラッカーズの電動車椅子体験は毎度大盛況ですごい!

かけっこ手加減なし!

手動車椅子でもプレイ!

次回の横浜チャレンジスポーツ!は5月26日に南区清水が丘公園体育館にて開催予定とのことです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA