転んだ後が大切なんだ 〜サッカー選手、大橋佳介が拓いた道〜

「なんだ!全然かわいそうじゃないじゃん!」

とある小学生が大橋佳介に向けて発した言葉。

大橋佳介、通称ケイは元日本代表のサッカープレイヤー。

彼の人生を記した(12年も前だが)「蒼き戦士〜さらなる夢を追い続けて〜」を読んで、たくさんの人にケイさんを、CPサッカーを知ってもらいたいと思って今ブログ書いてます。

ケイさんは生まれながらの脳性麻痺の障害を持っている。脳性麻痺は出生時に胎盤から切り離された後の自発呼吸を始めるまでの間の酸素欠乏が原因とされている。

脳性麻痺は様々なタイプがあり、ケイさんはアテトーゼ型。アテトーゼとは、意識とは関係なく起こる筋緊張や不随意運動。ある動作をしようとした時に関係のない部位にも力が入ったり、全身がビクッとすることによって、一見踊ったような動きが現れる。精神状態が身体状態に強く影響を与え、心身のバランスを保つことだけで相当な体力を要する。

ケイさんは普通学級で健常者の中で過ごすことにより様々な悩みや葛藤を経験してきた。健常者の中で過ごす経験、障害者のみで過ごす経験を経たケイさんは文中でこう言っている。

「日本社会はもっと障害者と健常者を一緒に教育させるべきなんだ。俺のようにね。子供のころから同じ環境、同じ空間で過ごしてくれば、健常者は障害者との接し方も分かるし、障害者としても気持ちを分かってもらえる。一緒に育ってきていないから、健常者は大人になってから障害者との接し方に戸惑い、抵抗が出るんだ。そして障害者は障害者だけで固まってしまうことが多いから、立場がいつも弱くなり、偏見も生まれてくる。大人になってからでは、たとえ頭で障害のことを理解しても、本当の意味での壁はなかなか取り払えないんだよ」

ほんとそう。自分も頭で障害を理解してても障害を持つ人と接する時に自分の中のスイッチがある。ただ、大学を卒業して様々な障害を持つ方と話をして、仲間になるたびにそのスイッチが必要なくなってきている。…気がする。

このブログを読んでいる人もそういう人が多いと思う。幼い時から障害を持つ人と関わる機会が少ないから抵抗が生まれる。頭が硬くなってからその抵抗を無くそうとしても難しい。ならば、自分の子供や若い世代に障害理解を促すことはかなり重要だと思う。ほんと行政レベルでやったほうがいい。

ケイさんはCP(脳性麻痺者)サッカー元日本代表の10番を背負った男であると同時に、10年以上前(もっと前?)から健常者と障害者がサッカーを通して交流する機会を生みだしている先駆者。先日のアミザーデでこの方と知り合えたこと、アミザーデをパフォーマンスで華を添えれたことが嬉しくてたまらない。

image

CPサッカーは7対7で、オフサイドはなし。スローインはアンダースローでOK。あとはサッカー。観てて分かりやすいし、面白い。ただ、ケイさんの言うCPサッカーの見どころを知って鳥肌が立った。

「片足を引きずるような格好で走っている姿は、決して格好いいとは言えない。だけど、俺たちCPにしてみると、転んだとしたら、その次のプレーが大事なんだ。そして、そこから立ち上がった俺たちの姿を見た人が、何をどう感じるかが大切なんだ」

人生で大切なこと体現してるんだこの人たち。これだからサッカーは面白い!CPチームとの練習試合に参加見学したい方ご連絡ください。パフォーマンス依頼も!

10月1日は相模原ギオンスタジアム
image

10月29.30日は日本選手権in岐阜
image

この本は日韓ワールドカップの時、新潟ビッグスワンでのCPサッカー日韓親善試合を企画してケイさん自身が10番つけて出場する話だったり、新潟パラボックスという健常者と障害者ごちゃ混ぜチームの結成だったり、ケイさんの破天荒ぶりだったり(笑)様々なことが書かれてるのですが、それは直接読んでもらえれば!いや、読むべき!

横浜✖︎新潟

子供達にサッカーを通して障害理解を促すことをしていきたい。リフティングパフォーマンスで皆に楽しんでもらいたい。障害も国籍もサッカーボールで超えていけることを体現できる自分になれるよう日々精進。

image

ケイさん!次は攻めていきますよ!

「転んだ後が大切なんだ 〜サッカー選手、大橋佳介が拓いた道〜」への2件のフィードバック

  1. こんばんわ。ケイブログから飛んできてみた牛腸素子です(^^; 普段あまりこういうところにコメント残すことはしないのですが、12年経った今でもこうして人様に読んでいただけているというのは本当に嬉しい限りです。新作、今佳境に入ってきています!さて!がんばるかー(*^_^*)

    1. はじめまして。著者からコメント頂けるとは思ってもみませんでした2020年のパラに向けてこれから読まれるべき本だと思いました。同時にすでに2020年以降のためのことを伝えている本だとも思いました。ケイさんから今後の話も少し伺いました!必ず読ませて頂きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA