アミザーデの魔法〜サッカーを通して交流の輪が広がる〜

「一人でも多くの障害者(児)、健常者が、サッカーをとおして、より多くの人と出会い、ふれあい、交流することにより、互いに理解しあい、認め合いながら交流の輪を広げ、豊かなスポーツライフを築いていく」

そんな想いが込められたアミザーデサッカー大会に初参加、球舞としてパフォーマンスもさせていただきました。

まず初めに、主催の岡島さんご夫婦、運営スタッフの皆さん、水沼貴史さん、新潟パラボックス、横浜ベイFC、富山第一高校女子サッカー部、富山第一高校男子サッカー部、高岡商業高校女子サッカー部、星稜大学岩岡ゼミ、アミザーデを支えてくださった全ての方々、本当にお疲れ様でした!そして、ありがとうございます。

そして信じられないことが今年で17年目ということ。

岡島さんの想いがど真ん中にあり、その想いを支えたいという人たちがいる。その想いに共感してまた参加したいという人たちがいる。またお手伝いをしたいという人たちがいる。その人たちにしっかりと感謝する岡島さんご夫婦と運営スタッフたちがいる。

そんな循環で温かな交流の輪がどんどん広がっていく。この大会の本質はそこにあるのだと思う。

何かをするのができないことはできる人がすればいい。

聴こえない人にちゃんと伝える。麻痺のある人の靴紐を結んであげる、荷物を持ってあげる、トラップしやすいパスを出してあげる。そんな支え合いがごく普通に自然な光景としてそこにある。

身体的にハンデがある人を高校生や大学生がお手伝いをしているけれど、お返しに学生たちは「大切なもの」を受け取っている。アミザーデすげぇ!

普段は勝ちにこだわってサッカーをしている高校生たちは本当に貴重な経験だと思う。普通の高校生ではできない経験をしたということを誇りに思ってほしいな。
imageimage

中学、高校、大学、プロの各ステージで日本一をとっているレジェンド水沼貴史さんがアミザーデにゲストとしてではなく仲間として参加しているのも納得。

水沼さん

もうね、伝えたいこと全部書いたら収集つかなくなるんで控えます(笑)

ただ、自分がやっていきたいこと、進んでいきたい道に輪郭を与えてくれた3日間でした。

福祉✖︎FOOTBALL続けていこう。

横浜ベイFC✖︎新潟パラボックス!
横浜✖︎新潟

アミザーデについてのディスカッション!
image

みんなでネックキャッチ!おじょーず!
image

大橋さんと!大橋さんは「蒼き戦士」という本でとりあげられている方です。
image

image

大橋さんのゴールには特別な意味があります。
image

アミザーデ本当にありがとうございます!お世話になりました!
image

「アミザーデの魔法〜サッカーを通して交流の輪が広がる〜」への2件のフィードバック

  1. アミザーデでスタッフして10数年。主に会場設営、進行の事前準備で、皆さんとは中々話す機会がないのですが、皆さんのアミザーデに対する考え方、熱い思いブログ等で拝見できて嬉しく思います。

    1. 小竹さんコメントありがとうございます。

      アミザーデの歴史、参加者の経歴を知れば知るほど、本当に意義のある大会だと思わされます。

      運営側の熱量が触れ合いと笑顔をうんで説明のつかない空気感な大会になっているのだと感じました。今回は土砂降りの中での運営本当に大変だったと思います。本当にお疲れ様でした!また機会があれば是非お話しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA