障害者サッカーを知ってもらいたい。CPサッカーって知っていますか?

サッカー好きは日本代表やJリーグ、欧州サッカーだけじゃなく、障がい者サッカーも観て楽しめるはずなのです。

サッカーボールをゴールに入れたときの高揚感を知ってる人であればなおさら。

その為にはルールや競技の見どころ、魅力、歴史、深さを知る必要があるのです。大雑把にでも伝えられたらと思います。

image

水色のユニフォームが横浜BAYFCというCPサッカーでは歴史の古いチーム

黄色のユニフォームがSALTARという東京のチームで日本代表を多数輩出しているチームです

【CPサッカーとは】
・身体に麻痺がある人のサッカー
・7対7
・ソサイチのコートサイズ
・スローインは下投げOK(麻痺の関係で)
・オフサイドはなし

横浜BAYFC代表の木村さんに話を伺ったところ、全国にまだ7チームしかなく、普及次第でまだまだ日本のレベルアップが図れるとのこと。そして、障がい者スポーツではよくある話ですが、競技志向と福祉的普及の葛藤に悩まされる時期もあったが、現在が今までで一番チームの雰囲気がよいとのこと。

サッカー少年団で上手な子が下手な子を軽く見る傾向がありがちです。CPサッカーでは麻痺の強弱とサッカーの技術のバランスがポイントだと思います。サッカーセンスがあっても、麻痺が強ければスピードや身体のぶつかり合いで勝つのは難しくなります。麻痺を努力でカバーするといってもハンデに変わりはありません。

CPサッカーはこの土台の上に成り立っています。だからチームで活躍するような選手と話していても一人として天狗の選手はいません。

以前に麻痺が非常に強い選手がゴールを決めたときに、敵、味方関係なく大盛り上がりをしていたこのチームは本当にいいチームだと感じました。

字面では綺麗事かもしれませんが、サッカーボールを通すと本当にリアルで、心の核に直球でぶつけられる衝撃があるのです。練習試合の相手になることがありますので、参加してみたいかたはご連絡ください。次回お誘いします。

横浜BAYFCをまとめている佐々木周也監督(弥栄西出身)は同い年で、同じ地域でサッカーをやっていたから共通の知り合いが多いのです。リスペクト!

image

プライベート!ソーシャルフットボーラー長谷川健とナガと周也くん。

image

CPサッカー日本代表!

image

今月は日本選手権が岐阜で開催されます。要チェック!

そして、横浜BAYFCとの繋がりで今月に富山で開催されるアミザーデカップという大会に参加する機会をいただくことができました。またお伝えできたらと思います。

この写真が超好きです。結婚祝いでBAYFCの方々からユニフォームを頂いたのです。
image

「障害者サッカーを知ってもらいたい。CPサッカーって知っていますか?」への6件のフィードバック

  1. とおる、素晴らしいことに関わっているんだなー。とおると同じ小学校のとおるの後輩に呼ばれてブラインドサッカーの体験会に参加した時も物凄く感動したけど、とおるの記事を読んで、こんな素晴らしいことをしている教え子さんたちがいることが誇らしくてたまりません!とおる、がんばれー。ありがとー。

    1. 川端先生、今度飯に連れてってください!小学生時代の恩師に応援して頂けることが嬉しすぎます!

    1. 初めまして。コメント有難うございますm(_ _)m youtube観せて頂きました!FCマリオーロは長崎のチームなんですね!距離はありますが、いつか絶対一緒にボール蹴りましょう。何かあればご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA